10月1日から東京追加予定・地域共通クーポン開始!GoToトラベルキャンペーン最新情報

政府は10日、「GoToトラベルキャンペーン」の対象に、東京都民の旅行と都内への旅行を加える対象に追加する方針を示しました。
10月1日の旅行から対象とするとしていますが、9月下旬の感染状況を見極めて最終判断します。

現在宿泊代金の35%分の補助のみで開始していますが、お土産や飲食店で使える地域共通クーポンも10月1日から開始されます。
地域共通クーポンも対象になれば最大50%の補助になります。

10月1日から本格稼働するGoToトラベルキャンペーンの最新情報を解説します。

GoToトラベルキャンペーン東京追加

東京都を中心に広まった感染流行は7月27~29日をピークに緩やかに減少を続けています。
減少傾向は今も変わっていないと政府はみており、東京の解除に踏み切るようです。
東京追加の時期は当初、9月19日からの4連休に間に合わせるよう検討していましたが、準備期間などを考えて10月からという判断です。

割引商品の販売が始まった7月27日から9月3日までに、少なくとものべ781万人が宿泊利用したと発表されています。
人口の一番多い東京が追加になることで、旅行者の数も一気に増えることが予想されます。

都道府県境をまたぐ移動が活発になるため、観光地での感染防止や医療態勢の面での不安もありますが、コロナ禍で甚大な打撃を受けた旅行業界の業績が回復することが期待されます。

東京発着の旅行について、すでに来月以降の予約をしている人も、割引の対象ですが、予約の取り直しが必要となります。
一方、対象となる期間は、来年1月31日までですが、その前に予算が尽きれば終了。逆に予算が余れば、期間は延長となる可能性があります。

Gotoトラベルキャンペーンのポイント

GoToトラベル概要

  1. 補助金額:旅行代金の最大半額
  2. 補助金のうち、7割が旅行代金の割引、3割が地域共通クーポン
  3. 割引上限:1名1泊あたり2万円(日帰りは1万円)
  4. 連泊・回数の制限なく何度でも利用できます。
  5. 実施期間:2020年7月22日〜2021年2月1日チェックアウトまで
  6. 対象商品:旅行会社のパッケージツアー、ホテル予約、日帰り旅行
  7. 対象:国内旅行者が対象(訪日外国人旅行者は対象外)

 

2020年10月1日以降

東京都民、東京都の旅行を含むすべての旅行商品が対象となります。

補助の内訳

(例)1人1泊40,000円の宿泊代金の場合

  1. 旅行代金40,000円のうち最大50%(20,000円)を補助
  2. 補助金20,000円のうち、70%(14,000円)を旅行代金から割引
  3. 補助金20,000円のうち、30%(6,000円)の地域共通クーポンとして付与
  4. 旅行代金は26,000円6,000円の地域共通クーポン

最大の割引を受けるには、1泊4万円の旅行ということになります。
連泊や利用回数の制限もないので、2泊で4万円、3泊で6万円の補助が受けられます。

 

地域共通クーポン

旅行代金の15%相当額を地域共通クーポンとして、旅行者に配布します。
(1,000円未満の端数が生じる場合には四捨五入(端数が500円以上の場合は1,000円のクーポンが付与)します。
地域共通クーポンでのお支払いには、お釣りは出ません。

旅行者は有効期間中、旅行先の都道府県内と隣接した都道府県内の対象店で、地域共通クーポンを使って代金の支払いに利用できます。

 

  1. 地域共通クーポンは、紙媒体のクーポン、電子媒体のクーポンの2種類があります。
  2. 取扱店舗は本事業のホームページで公表するほか、店頭にロゴ入りステッカーの表示等を通じて確認できます。
  3. 地域共通クーポンの有効期限は、宿泊日とその翌日、日帰りの場合は当日のみ有効です。
  4. 宿泊地(日帰り旅行の場合は主たる目的地)の属する都道府県と、隣接する都道府県で使用ができます。
  5. 地域共通クーポンの受け取り場所は、旅行の申込み方法により異なります。紙クーポンを、宿泊施設、旅行業者から受け取る場合や、電子クーポンが付与される場合があります。

 

Gotoトラベル 地域共通クーポンは10月1日から!!最新情報

おすすめの予約サイト

対面での予約からオンラインへの予約へシフトしており、システムの強い大手のオンライン予約サイトでの予約がおすすめです。

楽天やじゃらんのようなオンライン予約サイトでは、Go Toトラベルキャンペーンの補助以外にも、大型のクーポン企画も用意しておりますので、さらに割引された金額で利用できます。

予約サイトによっても、旅行代金は大きく変わりますので、最大限に割引を受けて豪華な旅行にするのがおすすめです。

■航空券付きのダイナミックパッケージを販売しているおすすめの予約サイト

  • 楽天トラベル
    5

    ■楽天トラベルを利用するメリット

    日本国内のホテル・旅館・ペンションなどの宿泊施設予約を軸に、高速バスチケットの販売、国内航空会社各サイトの仲介、国際線航空券の販売、また、「楽パック」と呼ばれる国内旅行のダイナミックパッケージと海外旅行のツアー・ダイナミックパッケージを扱っています。

    楽天スーパーセールなどで発行されるクーポンが多かったり、ポイントupプランが多いので、タイミングによっては思わず安く予約できるのが楽天トラベル。

    楽天のポイントはいろいろなキャンペーンを利用することで、もらえるポイント増やせることがメリットです。

  • じゃらん
    5

    ■じゃらんを利用するメリット

    国内旅行の分野では、楽天が運営する楽天トラベルなどと共に、代表的な旅行予約ウェブサイトの一つです。

    じゃらんはキャンペーンの数が他のサイトより多いのが特徴。
    ホテルとしてはキャンペーンが多いと料金も安く出さないといけないので、他のサイトよりも安くなりがちです。
    宿泊予約をすると2パーセントがPontaポイントとしてたまります。

  • Yahoo! トラベル
    5

    ■Yahooトラベルを利用するメリット

    インターネット検索大手のYahooの旅行サイトですが、Yahooが旅行商品を作っているわけではありません。
    実は「ホテル予約サイトごとの料金比較サイト」であり、複数の旅行会社の料金が比較できます。

    Yahoo!トラベルではTポイントがたまります。
    さらにYahoo!プレミアム会員/ソフトバンクスマホユーザーならヤフープランのポイントがいつでも5%以上溜まるので、あてはまるのであればポイント面での優遇は大きいです。
    クーポンやタイムセールも定期的に開催しているので、タイミングが合えばお得に利用できます。

  • JTB
    5

    ■JTBを利用するメリット

    誰もが知っている日本でナンバーワンの旅行会社。

    高級旅館・ホテルから、 お得なシティホテルなど24時間オンライン予約可能です。
    ホテルからの在庫が特別枠をもらっていることもあり、他の予約サイトで予約できない時もJTBなら空いていることもあります。
    るるぶトラベルプラン、JRや航空券(JAL,ANA)などの交通と宿泊がセットになったプランが人気です。
    割引クーポンやタイムセールプランもあるのでタイミングによってはお得に予約できます。

    JTB
  • 一休

    ■一休を利用するメリット

    宿泊施設を限定することで、その他の予約サイトとの差別化を図っており、利用者の信用度が高くヘビーユーザーが多いサイト。
    一休掲載のサイトは高級感あふれるホテルや旅館が多いです。

    一休のポイントは、ポイント還元率1%、事前カード決済で2%、一番のメリットはポイントを即時に利用できることです。
    他の宿泊サイトはチェックアウト後にポイント付与されるので、後日そのサイト内のサービスを利用しなければいけないのですが、一休ポイントは予約してもらえるポイントをその時点で使うことができるのです。

■関連記事

違いを知って賢く旅行!おすすめのホテル予約サイト10選 徹底比較

楽天トラベル GoToトラベルキャンペーン予約でさらに得する方法

GoToトラベルキャンペーンじゃらん予約でさらに得する方法

Yahoo!トラベル GoToトラベルキャンペーン予約でさらに得する方法

GoToトラベルキャンペーン 一休.comがさらにお得な理由

 

最新情報をチェックしよう!
>Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

旅行半額!最大1泊2万円補助| Go Toキャンペーンの最新情報