平日「1泊1万5000円」なら実質半額!再開後のGo Toトラベルでお得に旅行する方法

再開が予定されている「Go Toトラベル」ですが、前回は旅行代金の35%(上限1万4000円)の割引でしたが今回は30%(上限1万円)に変更になります。
地域共通クーポンは15%(上限1泊につき6000円)でしたが、今回は平日3000円、休日1000円の定額制に変更されます。

これまで最大1人2万円だった補助の上限を、1万3,000円に引き下げる方向で検討されており、高級ホテル利用の際の割引額が縮小され、中小ホテルへの利用を促進する内容になります。

合計額で比較すると、1人1泊につき最大2万円の還元だったのが、最大1万3000円に縮小されていて、“お得感が減った”という印象を受けるかもしれませんが、選び方次第では再開後のほうがお得なのです。

新たな「GoToトラベルキャンペーンで最大限お得に旅行する方法をお伝えします。

 

Go Toトラベル再開後の割引について

従来の制度は、1人1泊あたり旅行代金の35%(上限1万4000円)の割引を受けられる仕組みでした。
高級ホテルに顧客が流れる傾向があり、中小事業者には恩恵が薄いとも指摘されてきたこともあり、再開にあたり、30%(上限1万円)に引き下げる案を検討しています。

宿泊先の地域で使う想定で旅行代金の15%分が配布されたクーポン券は、平日3000円、休日1000円の定額制とする方向です。
休日に集中しがちな旅行を、平日に促す仕組みです。

使用可能な期間もゴールデンウィークは対象外として、GW以降は補助率を下げ、夏休み前に終了する予定です。

割引率や割引額

(出典 Go To トラベル事務局 https://goto.jata-net.or.jp/index.html#main)

 

Go To トラベルで最大限割引する方法

1泊1万円のホテルに宿泊する場合、前回のGo Toトラベルなら、宿泊費3500円+クーポン1,500円で計5,000円の還元でしたが、今回は平日なら宿泊費3,000円+クーポン3,000円で計6,000円の還元となり今回の方がお得に旅行できることになります。

宿泊のみの場合、平日であれば旅行費1万5000円まで、休日でも5,000円までなら再開後のほうがお得になる計算になります。

(例)平日で1泊1万5000円の場合
宿泊費4,500円+クーポン3000円で計7,500円の還元となり、実質半額となります。

(例)休日で1泊5000円の場合
宿泊費1,500円+クーポン1,000円で計2,500円の還元となり、実質半額となります。

航空券付きの旅行の場合で、航空券付きの場合、旅行費1万円まで割引になります。

割引の上限まで利用するのであれば、断然に宿泊+交通機関などのセットプランがお得です。

宿泊+交通機関がセットになっているものには、「国内ツアー」と「航空券+ホテル」という種類があります。

航空券付きの旅行は、オンライン予約サイトで高額のクーポンも配布されていることもあるので、クーポン併用すればさらにお得に利用できます。

県民限定クーポン

GoToトラベル再開まで、県民限定で補助金を使った割引「地域観光事業支援(県民割)」を行っている県があります。

GoToトラベルと併用できる自治体もあるかもしれません。

こちらのページから各都道府県が実施するクーポンをチェックしてみてください。

 

楽天トラベルはこちら

 

じゃらんはこちら

 

おすすめの予約サイト

予約サイトによっても、旅行代金は大きく変わりますので、最大限に割引を受けて豪華な旅行にするのがおすすめです。

 

以下おすすめの予約サイトでは、GoToトラベル再開後に自動的に割引が適用になるようなシステムを導入しています。

予約サイトによっても、旅行代金は大きく変わりますので、最大限に割引を受けて豪華な旅行にするのがおすすめです。

 

  • 楽天トラベル
    5

    ■楽天トラベルを利用するメリット

    日本国内のホテル・旅館・ペンションなどの宿泊施設予約を軸に、高速バスチケットの販売、国内航空会社各サイトの仲介、国際線航空券の販売、また、「楽パック」と呼ばれる国内旅行のダイナミックパッケージと海外旅行のツアー・ダイナミックパッケージを扱っています。

    楽天スーパーセールなどで発行されるクーポンが多かったり、ポイントupプランが多いので、タイミングによっては思わず安く予約できるのが楽天トラベル。

    楽天のポイントはいろいろなキャンペーンを利用することで、もらえるポイント増やせることがメリットです。

  • じゃらん
    5

    ■じゃらんを利用するメリット

    国内旅行の分野では、楽天が運営する楽天トラベルなどと共に、代表的な旅行予約ウェブサイトの一つです。

    じゃらんはキャンペーンの数が他のサイトより多いのが特徴。
    ホテルとしてはキャンペーンが多いと料金も安く出さないといけないので、他のサイトよりも安くなりがちです。
    宿泊予約をすると2パーセントがPontaポイントとしてたまります。

  • Yahoo! トラベル
    5

    ■Yahooトラベルを利用するメリット

    インターネット検索大手のYahooの旅行サイトですが、Yahooが旅行商品を作っているわけではありません。
    実は「ホテル予約サイトごとの料金比較サイト」であり、複数の旅行会社の料金が比較できます。

    Yahoo!トラベルではTポイントがたまります。
    さらにYahoo!プレミアム会員/ソフトバンクスマホユーザーならヤフープランのポイントがいつでも5%以上溜まるので、あてはまるのであればポイント面での優遇は大きいです。
    クーポンやタイムセールも定期的に開催しているので、タイミングが合えばお得に利用できます。

  • JTB
    5

    ■JTBを利用するメリット

    誰もが知っている日本でナンバーワンの旅行会社。

    高級旅館・ホテルから、 お得なシティホテルなど24時間オンライン予約可能です。
    ホテルからの在庫が特別枠をもらっていることもあり、他の予約サイトで予約できない時もJTBなら空いていることもあります。
    るるぶトラベルプラン、JRや航空券(JAL,ANA)などの交通と宿泊がセットになったプランが人気です。
    割引クーポンやタイムセールプランもあるのでタイミングによってはお得に予約できます。

    JTB
  • 一休

    ■一休を利用するメリット

    宿泊施設を限定することで、その他の予約サイトとの差別化を図っており、利用者の信用度が高くヘビーユーザーが多いサイト。
    一休掲載のサイトは高級感あふれるホテルや旅館が多いです。

    一休のポイントは、ポイント還元率1%、事前カード決済で2%、一番のメリットはポイントを即時に利用できることです。
    他の宿泊サイトはチェックアウト後にポイント付与されるので、後日そのサイト内のサービスを利用しなければいけないのですが、一休ポイントは予約してもらえるポイントをその時点で使うことができるのです。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

旅行半額!最大1泊2万円補助| Go Toキャンペーンの最新情報