楽天スーパーDEALでポイント40%!旅行で得をする裏技

楽天スーパーDEALでポイント40%!旅行で得をする裏技

楽天トラベルの楽天スーパーDEALはご存じでしょうか?
楽天市場でも開催している楽天スーパーDEALですが、楽天トラベルでもやっているのです。

ポイント30%~還元という非常に魅力的なキャッチコピーとなっていますが、本当にお得なのでしょうか?
還元率の高さに、逆に怪しさを感じている方もいるかもしれません。
答えは、選んだホテル次第なのですが、ホテルによってはかなりお得なケースもあるのです。

本記事では、楽天スーパーDEALで旅行をお得にする方法をご紹介します。

 

楽天スーパーDEAL

 

楽天トラベルの楽天スーパーDEALは、楽天会員であれば誰でも参加可能なイベントで毎日開催しています。

楽天トラベルのスーパーDEALは、基本はポイント30%還元ですが、ホテルによっては40%と言う還元率もあります。

楽天トラベルの楽天スーパーDEALはシークレットプランになるので、通常の検索では表示されません。

専用の入り口からしかないので、普段は見つけにくいのですが、楽天市場からの入り口もあり楽天スーパーポイント獲得を狙ったユーザーにはよく知られています。

 

楽天スーパーDEAL専用ページで対象施設を探す

 

多く利用されているのは、出張の際の利用です。もちろん領収書も発行されるので、出張経費の範囲内であれば、ポイント分は会社の経費で個人が獲得できてしまいます。
獲得ポイントは領収書には載りませんので会社にバレることもありません。

ポイントの有効期限は1年間ですが、もちろん楽天市場などのお買い物でも使えるポイントなので有効期限は全く問題ないでしょう。

 

楽天スーパーDEALはこちら

楽天スーパーDEALの活用方法

 

 

楽天スーパーDEALを最大限に活用できる方法があります。

クーポン併用可能

楽天スーパーDEALは楽天トラベルのクーポンと併用可能です。

ホテルによっては、高額の宿クーポンを出しているケースがあったり、楽天スーパーSALEなどのイベントでは各種クーポンが発行されるのでそちらを獲得してから予約をするとクーポンの金額をディスカウントできます。

割引後の金額がポイントの換算基準金額となりますので、クーポンを使う場合には割引分はポイントは少なくなるのでご注意ください。

得旅キャンペーンと併用可能

ポイント10倍保証「得旅キャンペーン」と併用可能です。

ホテルによっては、ポイント10倍の得旅キャンペーンに参加している施設があります。
楽天スーパーDEALと得旅キャンペーン併用することで最大55%のポイントバックが可能になります。

ただし、得旅キャンペーンはすべての施設が参加しているわけではありません。

大手チェーンホテルが参加しているケースが多い企画なので、参加している施設は事前に確認しましょう。

 

5と0のつく日クーポン

 

5と0のつく日クーポンと併用もできます。
毎月0と5のつく日は、楽天トラベルが「ハイクラス宿・温泉宿」として掲載する全国約8,300施設の宿泊料金が、クーポン利用で5%OFFになります。
1名利用OK、何名様の旅行でも、何回でも利用できるクーポンを配布していますので、予約前にクーポンを忘れずに獲得してくださいね。

 

クーポン獲得はこちら

 

5と0のつく日クーポンについてはこちら

 

Go Toトラベルキャンペーンと併用可能

Go Toトラベルキャンペーンが開催されれば、さらにお得になります。
楽天スーパーDEALはGo Toトラベルクーポンを使用する事が可能です。
Go Toトラベルで宿泊代金が割引となるのでちょっと値段の高いホテルも手が届きます。
クーポン同様に、Go Toトラベルの割引後の金額からのポイント加算になりますのでご注意ください。

 

 

楽天スーパーDEAL専用ページで対象施設を探す

 

 

 

楽天スーパーDEALのデメリット

 

楽天スーパーDEALで予約する前に以下のデメリットがあることをチェックしてください。

参加施設が少ない

ポイント30%負担になるので、ホテル側としてはその分の利益は少なくなってしまいます。
なので、参加しているホテルは限られてしまい、泊まりたかったホテルに泊まれないかもしれません。
とはいえ、ポイント30%は魅力的だと思うので、同クラスのホテルで楽天スーパーDEALに参加しているホテルがあればそちらを優先するという選択肢もあります。

 

他に安いプランがある場合も

楽天スーパーDEALは厳格な審査があり、通常販売されているプランから30%以上ではないと販売できません。

しかし、通常のプランとは別でセール、早割、連泊、返金不可などを販売しているケースがほとんどで、通常プランが割高になっているこがあります。

ポイント割引と同様の金額をプランで割引をしているケースもあるので、楽天スーパーDEAL以外のプランで予約をしたほうが安くなるケースが多いです。

こちらは、ホテル次第ということになるので、泊まりたいホテルで他に安いプランがあるかどうかを確認する必要があります。

稼働が低い閑散期には安売りしているケースもあるので、時期によっても変動するというのが現状です。

 

 

楽天スーパーDEAL専用ページで対象施設を探す

 

 

おすすめの予約サイト

予約サイトによっても、旅行代金は大きく変わりますので、最大限に割引を受けて豪華な旅行にするのがおすすめです。

 

  • 楽天トラベル
    5

    ■楽天トラベルを利用するメリット

    日本国内のホテル・旅館・ペンションなどの宿泊施設予約を軸に、高速バスチケットの販売、国内航空会社各サイトの仲介、国際線航空券の販売、また、「楽パック」と呼ばれる国内旅行のダイナミックパッケージと海外旅行のツアー・ダイナミックパッケージを扱っています。

    楽天スーパーセールなどで発行されるクーポンが多かったり、ポイントupプランが多いので、タイミングによっては思わず安く予約できるのが楽天トラベル。

    楽天のポイントはいろいろなキャンペーンを利用することで、もらえるポイント増やせることがメリットです。

  • じゃらん
    5

    ■じゃらんを利用するメリット

    国内旅行の分野では、楽天が運営する楽天トラベルなどと共に、代表的な旅行予約ウェブサイトの一つです。

    じゃらんはキャンペーンの数が他のサイトより多いのが特徴。
    ホテルとしてはキャンペーンが多いと料金も安く出さないといけないので、他のサイトよりも安くなりがちです。
    宿泊予約をすると2パーセントがPontaポイントとしてたまります。

  • Yahoo! トラベル
    5

    ■Yahooトラベルを利用するメリット

    インターネット検索大手のYahooの旅行サイトですが、Yahooが旅行商品を作っているわけではありません。
    実は「ホテル予約サイトごとの料金比較サイト」であり、複数の旅行会社の料金が比較できます。

    Yahoo!トラベルではTポイントがたまります。
    さらにYahoo!プレミアム会員/ソフトバンクスマホユーザーならヤフープランのポイントがいつでも5%以上溜まるので、あてはまるのであればポイント面での優遇は大きいです。
    クーポンやタイムセールも定期的に開催しているので、タイミングが合えばお得に利用できます。

  • JTB
    5

    ■JTBを利用するメリット

    誰もが知っている日本でナンバーワンの旅行会社。

    高級旅館・ホテルから、 お得なシティホテルなど24時間オンライン予約可能です。
    ホテルからの在庫が特別枠をもらっていることもあり、他の予約サイトで予約できない時もJTBなら空いていることもあります。
    るるぶトラベルプラン、JRや航空券(JAL,ANA)などの交通と宿泊がセットになったプランが人気です。
    割引クーポンやタイムセールプランもあるのでタイミングによってはお得に予約できます。

    JTB
  • 一休

    ■一休を利用するメリット

    宿泊施設を限定することで、その他の予約サイトとの差別化を図っており、利用者の信用度が高くヘビーユーザーが多いサイト。
    一休掲載のサイトは高級感あふれるホテルや旅館が多いです。

    一休のポイントは、ポイント還元率1%、事前カード決済で2%、一番のメリットはポイントを即時に利用できることです。
    他の宿泊サイトはチェックアウト後にポイント付与されるので、後日そのサイト内のサービスを利用しなければいけないのですが、一休ポイントは予約してもらえるポイントをその時点で使うことができるのです。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

旅行半額!最大1泊2万円補助| Go Toキャンペーンの最新情報