旅の裏ワザ!ふるさと納税楽天トラベルクーポンでお得に旅行

ふるさと納税 楽天トラベルクーポンでお得に旅行する方法とは?

ふるさと納税にはいろいろな自治体が参加しており、肉やお米などの人気の返礼品もありますが、楽天トラベルの旅行クーポンの返礼品もあります。

楽天トラベルクーポンは、「楽天ふるさと納税」を通じて対象の200自治体のいずれかに寄付をすると、返礼品として受け取ることができ、「楽天トラベル」で取り扱う対象宿泊施設の予約に利用できます。

ふるさと納税の楽天トラベルクーポンを使って旅行をお得に楽しむ方法をご紹介します。

楽天ふるさと納税 楽天トラベルクーポンとは?

ふるさと納税はは、寄付額から2,000円を引いた額が控除対象となり、翌年の所得税還付、住民税控除される税制メリットがあります。

楽天ふるさと納税では、楽天トラベルで利用できるクーポンを返礼品として取り扱っています。
取り扱い自治体にて寄付を申し込むと、対象の「楽天トラベルクーポン」が付与され、寄付先の自治体の楽天トラベル宿泊施設を予約する際に利用することができ旅行をお得に楽しむ方法として注目をされています。
対象施設は、2021年12月時点で12,000施設を突破しており、今後も対象施設が増えていく予定です。

気になる還元率は、寄附金額の30%分の割引クーポンとなっており、還元率も高い為旅行好きな人には必見のふるさと納税です。
また、楽天スーパーポイントも付与されることや、予約時に他のクーポンを併用することでさらにお得に旅行することができます。

 

楽天トラベルクーポン返礼品をみる

 

楽天ふるさと納税 楽天トラベルクーポン概要

還元率
寄附金額の30%分の割引クーポン

対象自治体数
200自治体(2021年12月時点)

対象宿泊施設数
約12,000施設(2021年12月時点)

対象宿泊施設の予約可能期間
クーポン付与日の翌日から89日間

対象宿泊施設の宿泊可能期間
クーポン付与日翌日のチェックインから、クーポン付与日翌日から180日以内のチェックアウトまで

利用条件
1回の予約につき、1会員1枚までの利用が可能

利用人数条件
1室大人1名様以上

ふるさと納税には、ホテルの宿泊券や地域観光クーポンなどもあります。

ホテル宿泊券は、特定のホテルに宿泊することのできる券ですが、ホテル宿泊券では決められたホテルの決められたプランしか選択することができない一方で、楽天トラベルクーポンなら自由にホテルを選ぶことができるメリットがあります。

楽天トラベルクーポンを利用して予約すれば、対象ホテルの数が広がり、宿泊プランも自由に選ぶことができるので、通常旅行でホテルを選ぶ時と同様の使い方ができます。

 

楽天トラベルクーポン返礼品をみる

 

楽天トラベルクーポンの利用方法

 

  1. クーポン(返礼品)を選ぶ
    寄付額や対象宿泊施設などの条件から、お好みのクーポンをお選びください。
  2. 寄付をする
    返礼品ページにて寄付の申し込みをしてください。
  3. クーポンを獲得する
    決済日より2~3日後、myクーポンにクーポンが付与されます。
  4. クーポンを利用する
    myクーポンの「楽天トラベル」に表示されるクーポンを選択し、「対象宿泊施設一覧」ページへお進みください。
    ご希望の施設を選び、対象クーポンを利用してご予約ください。

※各自治体が発行するクーポンの対象施設は、各自治体のクーポンごとに異なります。
ページ内に記載された、「宿泊施設はこちら」のリンクをクリックしていただくことでご確認いただけます。

 

楽天トラベルクーポン返礼品をみる

 

楽天ふるさと納税がお得な理由

楽天ふるさと納税のポイント還元率は、楽天市場と同じく通常は1%です。
しかし楽天市場では楽天スーパーセールやお買い物マラソンなど、ポイント還元率がアップするイベントを頻繁に開催しています。

また、「毎月5と0のつく日」はポイント5倍、楽天イーグルスやヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝利した翌日は最大4倍になるキャンペーンや、「楽天カード」や「楽天証券」「楽天銀行」などを利用することでポイントが最大16倍になる「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」を活用すると、「楽天ふるさと納税」で寄付した金額の5~20%超のポイント還元を簡単に受けることができます。

ふるさと納税では、寄付金控除の下限が2000円と決められており、最低2000円は寄付者の自己負担となる仕組みです。
しかし、楽天ふるさと納税でポイント還元率が10%になるタイミングで2万円を寄付すると、2000円分の楽天スーパーポイントが還元されます。
つまり、楽天ふるさと納税は自己負担しなければならない2000円すらポイントで返ってくるのです。

楽天ふるさと納」に情報を掲載している自治体は、すべてクレジットカードで寄付ができるので、楽天スーパーポイントとクレジットカードのポイントをダブルで貯めることが可能です。

クレジットカードの種類は何でもOKですが、楽天スーパーポイントをよりお得に貯めたいなら、やはり「楽天カード」や「楽天ゴールドカード」を利用するのがベストです。

おすすめの予約サイト

予約サイトによっても、旅行代金は大きく変わりますので、最大限に割引を受けて豪華な旅行にするのがおすすめです。

 

以下おすすめの予約サイトでは、GoToトラベル再開後に自動的に割引が適用になるようなシステムを導入しています。

予約サイトによっても、旅行代金は大きく変わりますので、最大限に割引を受けて豪華な旅行にするのがおすすめです。

 

  • 楽天トラベル
    5

    ■楽天トラベルを利用するメリット

    日本国内のホテル・旅館・ペンションなどの宿泊施設予約を軸に、高速バスチケットの販売、国内航空会社各サイトの仲介、国際線航空券の販売、また、「楽パック」と呼ばれる国内旅行のダイナミックパッケージと海外旅行のツアー・ダイナミックパッケージを扱っています。

    楽天スーパーセールなどで発行されるクーポンが多かったり、ポイントupプランが多いので、タイミングによっては思わず安く予約できるのが楽天トラベル。

    楽天のポイントはいろいろなキャンペーンを利用することで、もらえるポイント増やせることがメリットです。

  • じゃらん
    5

    ■じゃらんを利用するメリット

    国内旅行の分野では、楽天が運営する楽天トラベルなどと共に、代表的な旅行予約ウェブサイトの一つです。

    じゃらんはキャンペーンの数が他のサイトより多いのが特徴。
    ホテルとしてはキャンペーンが多いと料金も安く出さないといけないので、他のサイトよりも安くなりがちです。
    宿泊予約をすると2パーセントがPontaポイントとしてたまります。

  • Yahoo! トラベル
    5

    ■Yahooトラベルを利用するメリット

    インターネット検索大手のYahooの旅行サイトですが、Yahooが旅行商品を作っているわけではありません。
    実は「ホテル予約サイトごとの料金比較サイト」であり、複数の旅行会社の料金が比較できます。

    Yahoo!トラベルではTポイントがたまります。
    さらにYahoo!プレミアム会員/ソフトバンクスマホユーザーならヤフープランのポイントがいつでも5%以上溜まるので、あてはまるのであればポイント面での優遇は大きいです。
    クーポンやタイムセールも定期的に開催しているので、タイミングが合えばお得に利用できます。

  • JTB
    5

    ■JTBを利用するメリット

    誰もが知っている日本でナンバーワンの旅行会社。

    高級旅館・ホテルから、 お得なシティホテルなど24時間オンライン予約可能です。
    ホテルからの在庫が特別枠をもらっていることもあり、他の予約サイトで予約できない時もJTBなら空いていることもあります。
    るるぶトラベルプラン、JRや航空券(JAL,ANA)などの交通と宿泊がセットになったプランが人気です。
    割引クーポンやタイムセールプランもあるのでタイミングによってはお得に予約できます。

    JTB
  • 一休

    ■一休を利用するメリット

    宿泊施設を限定することで、その他の予約サイトとの差別化を図っており、利用者の信用度が高くヘビーユーザーが多いサイト。
    一休掲載のサイトは高級感あふれるホテルや旅館が多いです。

    一休のポイントは、ポイント還元率1%、事前カード決済で2%、一番のメリットはポイントを即時に利用できることです。
    他の宿泊サイトはチェックアウト後にポイント付与されるので、後日そのサイト内のサービスを利用しなければいけないのですが、一休ポイントは予約してもらえるポイントをその時点で使うことができるのです。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

旅行半額!最大1泊2万円補助| Go Toキャンペーンの最新情報