レクー沖縄北谷スパ&リゾート | ヨーロッパのリゾートホテルを感じさせるデザイン

レクー沖縄北谷スパ&リゾート

ベッセルホテルズ初のリゾートホテル「Lequ(レクー沖縄北谷スパ&リゾート)」がグランドオープン。
異国情緒溢れる街並みが広がる美浜地区の一角に誕生した「レクー沖縄北谷スパ&リゾート」は、最上階からアメリカンビレッジのファンタジーな街並みと海に沈む夕日が同時に味わる、新感覚のリゾートホテルです。

「Lequ」とは、「Lead to Quality Time(充実した時間にいざなう)」の頭文字からとったもの。
気取りすぎず、でも非日常を感じながら、大切な人と笑顔で過ごすひとときを届けたいという思いが込められています。

内装は「アールデコと沖縄モダンの融合」をコンセプトに、壁面に琉球石灰岩を用いたり、県内作家の作品の展示コーナーを設置するなど、随所に沖縄らしさを演出。こだわったデザイン性の高さも魅力です。

最上階にはインフィニティプールやカフェ&バー、沖縄では珍しい天然温泉の大浴場やリラクゼーションサロンなどを完備。
展望ジャグジーやスタンディングプール、水中ベッドといったユニークな施設も備えられています。
西海岸に向かって開け放たれた屋上テラスからは、アメリカンビレッジのファンタジーな街並みと、海に沈む美しい夕景を同時に鑑賞できます。

インフィニティプールの後方にある、水着のままでも入れるカフェ&バーでは、泡盛やカクテルなどの各種アルコールと、スパムおむすびやタコライスなどのライトミールが楽しめます。

地下1400メートルから汲み上げた天然温泉が楽しめる大浴場は、男湯にはドライサウナ、女湯にはミストサウナが付いています。
沖縄では珍しい天然温泉で、体の芯からリフレッシュできそうです。

ベッセルズホテル全体で朝食に注力しているというだけあって、沖縄料理をはじめ、和食・洋食・お粥など、約140品もの料理を取り揃えた朝食ブッフェは人気です。

レクー沖縄北谷スパ&リゾートの特徴

  1. アールデコと沖縄モダンの融合をコンセプトんのデザイン性の高いホテル
  2. 最上階にはインフィニティプールやカフェ&バー、沖縄では珍しい天然温泉の大浴場やリラクゼーションサロンなどを完備
  3. プレミア棟はプライベートプールの他に、全室に天然温泉を引き込んだお風呂の設備がある

客室

スタンダードツイン

客室は全229室あり、スタンダードツインからジュニアスイートまでの9タイプ。
全室バルコニー付きで、ハンモックのある部屋や寝たまま海が見える部屋などユニークなお部屋もあります。
全室禁煙で空気清浄機を完備。全館Wi-Fiも無料で使えます。

メイン棟の客室は、淡い色を基調にやさしい空間デザインとしています。
家具やファブリックも素材にこだわり、モールを使った家具や、肌ざわりを重視したファブリックを使っています。

プレミア棟|ダイヤモンドスイート【プライベートプール付き】

プレミア棟の客室は、全室に天然温泉を引き込んだお風呂があります。
プライベートプール付きの客室や、ロフトのある客室などメイン棟よりラグジュアリー感のある空間は、ロングステイも楽しめます。

23、24階のホテル最上階にあるメゾネットタイプの「スカイスイート」ルームは、85平米で定員4名という余裕の広さを誇ります。
大きなガラス窓と吹き抜けが開放的なリビングから見える眺望は、オーシャンビューもしくは、進化する北谷町を一望する夜景も綺麗なシティビューの2種類あります。

ベッドルームは上下階の2カ所にツインベッドが配置され、トイレも上下階にあるのでファミリーやグループにも向いています。
プレミア棟の客室は全部で6タイプ。テラスにプライベートプールが付いた「ダイヤモンドスイート」はメゾネットタイプの客室で、広さは373平方メートルで最大で9名まで宿泊できます。

「ダイヤモンドスイート」の部屋にはプライベートプールがあります。
プールの他に、ミニキッチンも常備。また、全室に天然温泉を引き込んだお風呂を用意しているのでお部屋で心ゆくまでリラックスできます。

 

室数

全277室

チェックイン / チェックアウト

14:00 / 11:00

空港からのアクセス

那覇空港より車で約40分

口コミ

非常に良い

宿泊代

朝食付き 2名1室利用時合計

19,500円~(税込)

住所

〒904-0115   沖縄県 中頭郡北谷町字美浜34番地2

おすすめ予約サイト

サイトによって料金が違うのは当たり前。どうせ同じホテルなら損をしないホテル選びでお得に旅行をしちゃいましょう。
レクー沖縄北谷スパ&リゾートを予約するなら以下のサイトがおすすめです。

  • 楽天トラベル
    5

    ■楽天トラベルを利用するメリット

    日本国内のホテル・旅館・ペンションなどの宿泊施設予約を軸に、高速バスチケットの販売、国内航空会社各サイトの仲介、国際線航空券の販売、また、「楽パック」と呼ばれる国内旅行のダイナミックパッケージと海外旅行のツアー・ダイナミックパッケージを扱っています。

    楽天スーパーセールなどで発行されるクーポンが多かったり、ポイントupプランが多いので、タイミングによっては思わず安く予約できるのが楽天トラベル。

    楽天のポイントはいろいろなキャンペーンを利用することで、もらえるポイント増やせることがメリットです。

  • じゃらん
    5

    ■じゃらんを利用するメリット

    国内旅行の分野では、楽天が運営する楽天トラベルなどと共に、代表的な旅行予約ウェブサイトの一つです。

    じゃらんはキャンペーンの数が他のサイトより多いのが特徴。
    ホテルとしてはキャンペーンが多いと料金も安く出さないといけないので、他のサイトよりも安くなりがちです。
    宿泊予約をすると2パーセントがPontaポイントとしてたまります。

  • Yahoo! トラベル
    5

    ■Yahooトラベルを利用するメリット

    インターネット検索大手のYahooの旅行サイトですが、Yahooが旅行商品を作っているわけではありません。
    実は「ホテル予約サイトごとの料金比較サイト」であり、複数の旅行会社の料金が比較できます。

    Yahoo!トラベルではTポイントがたまります。
    さらにYahoo!プレミアム会員/ソフトバンクスマホユーザーならヤフープランのポイントがいつでも5%以上溜まるので、あてはまるのであればポイント面での優遇は大きいです。
    クーポンやタイムセールも定期的に開催しているので、タイミングが合えばお得に利用できます。

  • JTB
    5

    ■JTBを利用するメリット

    誰もが知っている日本でナンバーワンの旅行会社。

    高級旅館・ホテルから、 お得なシティホテルなど24時間オンライン予約可能です。
    ホテルからの在庫が特別枠をもらっていることもあり、他の予約サイトで予約できない時もJTBなら空いていることもあります。
    るるぶトラベルプラン、JRや航空券(JAL,ANA)などの交通と宿泊がセットになったプランが人気です。
    割引クーポンやタイムセールプランもあるのでタイミングによってはお得に予約できます。

    JTB
  • 一休

    ■一休を利用するメリット

    宿泊施設を限定することで、その他の予約サイトとの差別化を図っており、利用者の信用度が高くヘビーユーザーが多いサイト。
    一休掲載のサイトは高級感あふれるホテルや旅館が多いです。

    一休のポイントは、ポイント還元率1%、事前カード決済で2%、一番のメリットはポイントを即時に利用できることです。
    他の宿泊サイトはチェックアウト後にポイント付与されるので、後日そのサイト内のサービスを利用しなければいけないのですが、一休ポイントは予約してもらえるポイントをその時点で使うことができるのです。

関連記事

違いを知って賢く旅行!おすすめのホテル予約サイト10選 徹底比較

旅行半額!最大1泊2万円補助| Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

 

最新情報をチェックしよう!
>Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

旅行半額!最大1泊2万円補助| Go Toキャンペーンの最新情報