全国旅行支援 家族旅行でこどもは割引がある?ワクチン接種は必要?

全国旅行支援は7月前半から開始が予定されている、新たなGotoトラベルキャンペーンで、新型コロナウィルスによって打撃をうけた旅行業界を援助する旅行需要喚起のキャンペーンです。

開始も夏の予約を含む8月末までの予定で、全国旅行支援の割引をを使って家族で旅行に行く予定を立てている人も多いでしょう。
小さなお子様がいる家庭で気になるのが、割引対象や子供料金など子供たちの年齢制限があるのかどうか。
家族で旅行する場合、小学生以下の子供や幼児はどうなるのでしょうか。

また、子供のワクチン接種、陰性証明書は必要なのかも気になるところです。

全国旅行支援に年齢制限があるのかどうか、子供や幼児の割引、ワクチン接種・陰性証明の有無についてわかりやすくご紹介します。

全国旅行支援の割引

全国旅行支援は旅行代金が最大 40% 割引となります。
交通付プランは上限8,000 円、ホテルのみは上限5,000 円となっており、航空券付きの旅行で割引率が高くなります。

さらに、お土産等で使えるクーポン券は平日で 3 ,000円もらえるので、おきなわ彩発見キャンペーンよりもクーポン券の額も高くなります。

夏休み期間は、平日の利用も多くなるのでうれしい内容になっています。

平日は航空券やホテルも安いので、平日を狙って旅行を計画することがおすすめです。

旅行を安くする方法として、楽天トラベルやじゃらんのクーポンを併用すれば、さらにお得になることもありますので、予約前には各社のクーポンを必ずチェックしてみましょう。

クーポン獲得はこちら

楽天トラベル

じゃらんクーポン

一休クーポン

Yahooトラベルクーポン

JTBクーポン

 

全国旅行支援は子供や乳幼児は支援対象?

GoToトラベルキャンペーンには年齢の制限はありませんでした
現在実施中の県民割は、各県の決まりによりますが、子供がいても費用が発生しているのであれば割引になるケースが多いようです。
お子さまも、おとなの方と同じく1名として割引額を算出します。
全国旅行支援も県民割の延長ということで同じになることが予想されます。
添い寝等で宿泊料金が発生しない場合には対象のケースが多いようです。

地域共通クーポンは3,000円が上限です。

大人2人の場合には、6,000円までですが、子供を含めると9,000円までが上限になります。

子供連れの場合には、子供料金が適用になるケースもあるので旅行代金も安くなります。

子供料金・幼児料金は割引対象としている県もあります。

各県によって判断が違うケースがありますが、全国旅行支援は県民割の延長の為各県の方針によって変わることが想定されます。
実際に使えるかどうかは、開始日の発表以降に各県に問い合わせをすることをおすすめします。

子供のワクチン接種、陰性証明書は必要?

子どもや乳幼児のワクチン接種済証明や陰性証明書は必要なのでしょうか?
観光庁が今回発表した内容によれば、4月1日からの県民割では同居する親や成人の同居家族の監護者が同伴する場合には、接種証明も陰性証明書も必要ありません。

同居する親等の監護者(割引対象となるワクチン接種歴または検査結果を所持している)が同伴することを条件に12歳未満はワクチン接種済証明書および陰性の検査結果は不要となっています。

県民割での12 歳未満の児童は大人と同行する家族旅行では、ワクチン接種証明も、陰性証明書も不要になると思われます。
まん延防止重点措置区域に係る県またぎ移動が該当にあたっては、6歳以上12歳未満は検査が必要になるので、こちらも旅行前に確認しましょう。

おすすめの予約サイト

楽天やじゃらんでは、航空券付きの旅行や日帰り旅行などの豊富な旅行商品を扱っています。
予約サイトによっても、旅行代金は大きく変わりますので、最大限に割引を受けて豪華な旅行にするのがおすすめです。

 

  • 楽天トラベル
    5

    ■楽天トラベルを利用するメリット

    日本国内のホテル・旅館・ペンションなどの宿泊施設予約を軸に、高速バスチケットの販売、国内航空会社各サイトの仲介、国際線航空券の販売、また、「楽パック」と呼ばれる国内旅行のダイナミックパッケージと海外旅行のツアー・ダイナミックパッケージを扱っています。

    楽天スーパーセールなどで発行されるクーポンが多かったり、ポイントupプランが多いので、タイミングによっては思わず安く予約できるのが楽天トラベル。

    楽天のポイントはいろいろなキャンペーンを利用することで、もらえるポイント増やせることがメリットです。

  • JTB
    5

    ■JTBを利用するメリット

    誰もが知っている日本でナンバーワンの旅行会社。

    高級旅館・ホテルから、 お得なシティホテルなど24時間オンライン予約可能です。
    ホテルからの在庫が特別枠をもらっていることもあり、他の予約サイトで予約できない時もJTBなら空いていることもあります。
    るるぶトラベルプラン、JRや航空券(JAL,ANA)などの交通と宿泊がセットになったプランが人気です。
    割引クーポンやタイムセールプランもあるのでタイミングによってはお得に予約できます。

    JTB
  • じゃらん
    5

    ■じゃらんを利用するメリット

    国内旅行の分野では、楽天が運営する楽天トラベルなどと共に、代表的な旅行予約ウェブサイトの一つです。

    じゃらんはキャンペーンの数が他のサイトより多いのが特徴。
    ホテルとしてはキャンペーンが多いと料金も安く出さないといけないので、他のサイトよりも安くなりがちです。
    宿泊予約をすると2パーセントがPontaポイントとしてたまります。

  • Yahoo! トラベル
    5

    ■Yahooトラベルを利用するメリット

    インターネット検索大手のYahooの旅行サイトですが、Yahooが旅行商品を作っているわけではありません。
    実は「ホテル予約サイトごとの料金比較サイト」であり、複数の旅行会社の料金が比較できます。

    Yahoo!トラベルではTポイントがたまります。
    さらにYahoo!プレミアム会員/ソフトバンクスマホユーザーならヤフープランのポイントがいつでも5%以上溜まるので、あてはまるのであればポイント面での優遇は大きいです。
    クーポンやタイムセールも定期的に開催しているので、タイミングが合えばお得に利用できます。

  • 一休

    ■一休を利用するメリット

    宿泊施設を限定することで、その他の予約サイトとの差別化を図っており、利用者の信用度が高くヘビーユーザーが多いサイト。
    一休掲載のサイトは高級感あふれるホテルや旅館が多いです。

    一休のポイントは、ポイント還元率1%、事前カード決済で2%、一番のメリットはポイントを即時に利用できることです。
    他の宿泊サイトはチェックアウト後にポイント付与されるので、後日そのサイト内のサービスを利用しなければいけないのですが、一休ポイントは予約してもらえるポイントをその時点で使うことができるのです。

最新情報をチェックしよう!
>Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

旅行半額!最大1泊2万円補助| Go Toキャンペーンの最新情報