アゴダのGoToトラベルキャンペーン再開後の対応は?料金は安いのか検証

GoToトラベルキャンペーンは緊急事態宣言によって一時停止措置が続いています。

全国一律の一時停止措置について、各旅行会社、オンライン予約サイトでは再開時に予約取り直し不要で割引前の料金で予約ができるように動いています。

アゴダは海外系のホテル予約サイトですが、Gotoトラベルキャンペーンの対象です。

ではアゴダは、Gotoトラベルキャンペーン再開時にどのような対応なのでしょうか。アゴダの予約方法についても解説します。

agoda(アゴダ)とは

アゴダはシンガポールに拠点を置くホテル予約サイト。

アジア地域のホテルが安く予約できるサイトでしたが、ブッキング・ホールディングスの傘下になってからは、Booking.comと提携してヨーロッパなど他地域のホテルも安く予約できるようになりました。

アゴダは、正式にGotoトラベルキャンペーンの対象になっており、対象プランにはGotoトラベルと表示されるようになりました。

 

さらにお得に予約する為に今日のクーポン・割引料金をチェックしまししょう。

 

アゴダクーポン・割引情報はこちら

 

 

agoda Gotoトラベルキャンペーン

あんしんキャンセル

「アゴダあんしんキャンセル」ラベルは、柔軟なキャンセルポリシーを提示している宿泊施設を表します。
この宿泊施設でのほとんどの予約がチェックイン前日まで無料でキャンセルできます。

GoToトラベルキャンペーンの参加の条件としてホテルは、あんしんキャンセルに加入することが条件になっています。
旅行者側としては、キャンセルしやすいというメリットがありますが、ホテルとしては、直前にキャンセルされてしまうこともあるので、積極的に参加する施設が多くないというデメリットもあります。

予約方法

 

アゴダあんしんキャンセルのフラグがついた施設で、GoToトラベルの割引が適用になっているかを確認します。

 

プロモーションコードが適用されていれば、GoToトラベルの35%の割引が割引されます。

税金、サービス料が最初の画面で表示されないので、予約選択した画面ではないと最終的な金額が確認できません。

 

地域共通クーポン

agodaの予約画面に、受け取ることのできる地域共通クーポンの金額が表示されます。
agodaは紙のクーポンになるので、チェックイン時にホテルで受け取ります。

 

Go Toトラベル地域共通クーポンが使える店は?加盟店一覧検索方法

 

 

agodaは安いのか?

ホテルが販売額を決めるのですが、agodaはホテルからしたら想定した金額ではない料金で売られていることがあります。

先ほどのリーガロイヤルグラン沖縄の場合に、一休では、最安値のプランが11,960円でした。
agodaのほうが564円や安いことになります。

旅行者側からしたら嬉しい限りなのですが、表示された金額が税金抜きだったり同条件でないこともあるので、予約条件は注意してみてください。

agodaが安いかどうかはホテルによって違いますが、意外と安いケースもあります。
モバイルで見た場合の割引があったりもするので、agodaで予約をする際には、モバイルでの閲覧がおすすめです。

 

国内の予約サイトと比較しながら、agodaも料金を見てみてくださいね。

 

agodaクーポン

さらにお得に予約する為に今日のクーポン・割引料金をチェックしまししょう。

アゴダで使える国内と海外の指定された都市で使える、ホテルが割引クーポンが配布中です。割引金額は都市によって違いますけど、5%〜10%割引ができます。

最新情報をお見逃しなく。

 

アゴダクーポン・割引情報はこちら

 

 

 

agodaのGoToトラベル再開後の対応

 

 

agodaのホームページには、9月の時点の参入時の情報しか掲載されておらず、GoToトラベル再開後の予約取り直しについては対応していないようです。
海外がメインのサイトの為、日本だけのシステムにはすぐに対応できないというデメリットはあります。

Go Toトラベル再開後の予約を取るのであれば、日本のサイトからの予約の方が取り直し不要で対応できるので便利です。

 

GoToトラベル再開時期

政府は3月25日、全国の一部自治体が実施している県内観光の支援策を4月1日から財政面で支援する方針を固めました。

支援の内容は、旅行費用の補助や地域の買い物に充てるクーポンの合計で1人当たり最大7千円を補助するという、GoToトラベルの縮小版といえる内容のようです。

【速報】GoToトラベル再開は6月以降!県内旅行に最大7千円支援

 

関連記事

各予約サイトもGoToトラベルキャンペーン再開後の動きがでてきています。

以下の予約サイトは国内大手の旅行予約サイトですが、再開後に予約済みの料金で取り直し不要の対応をしているところが多いです。

 

楽天トラベル

Go To トラベル再開後 楽天トラベルあとからクーポン 予約方法

 

じゃらん

Go Toトラベル再開前の予約でもあとから割引適用 じゃらんの予約方法

 

Yahooトラベル

Go To トラベル再開前にYahooトラベルで割引事後適用する方法

 

一休

Go Toトラベル 再開後に一休.comで割引料金で予約する方法

 

おすすめの予約サイト

対面での予約からオンラインへの予約へシフトしており、システムの強い大手のオンライン予約サイトでの予約がおすすめです。

楽天やじゃらんのようなオンライン予約サイトでは、Go Toトラベルキャンペーンの補助以外にも、大型のクーポン企画も用意しておりますので、さらに割引された金額で利用できます。

予約サイトによっても、旅行代金は大きく変わりますので、最大限に割引を受けて豪華な旅行にするのがおすすめです。

■おすすめの予約サイト

  • 楽天トラベル
    5

    ■楽天トラベルを利用するメリット

    日本国内のホテル・旅館・ペンションなどの宿泊施設予約を軸に、高速バスチケットの販売、国内航空会社各サイトの仲介、国際線航空券の販売、また、「楽パック」と呼ばれる国内旅行のダイナミックパッケージと海外旅行のツアー・ダイナミックパッケージを扱っています。

    楽天スーパーセールなどで発行されるクーポンが多かったり、ポイントupプランが多いので、タイミングによっては思わず安く予約できるのが楽天トラベル。

    楽天のポイントはいろいろなキャンペーンを利用することで、もらえるポイント増やせることがメリットです。

  • じゃらん
    5

    ■じゃらんを利用するメリット

    国内旅行の分野では、楽天が運営する楽天トラベルなどと共に、代表的な旅行予約ウェブサイトの一つです。

    じゃらんはキャンペーンの数が他のサイトより多いのが特徴。
    ホテルとしてはキャンペーンが多いと料金も安く出さないといけないので、他のサイトよりも安くなりがちです。
    宿泊予約をすると2パーセントがPontaポイントとしてたまります。

  • Yahoo! トラベル
    5

    ■Yahooトラベルを利用するメリット

    インターネット検索大手のYahooの旅行サイトですが、Yahooが旅行商品を作っているわけではありません。
    実は「ホテル予約サイトごとの料金比較サイト」であり、複数の旅行会社の料金が比較できます。

    Yahoo!トラベルではTポイントがたまります。
    さらにYahoo!プレミアム会員/ソフトバンクスマホユーザーならヤフープランのポイントがいつでも5%以上溜まるので、あてはまるのであればポイント面での優遇は大きいです。
    クーポンやタイムセールも定期的に開催しているので、タイミングが合えばお得に利用できます。

  • JTB
    5

    ■JTBを利用するメリット

    誰もが知っている日本でナンバーワンの旅行会社。

    高級旅館・ホテルから、 お得なシティホテルなど24時間オンライン予約可能です。
    ホテルからの在庫が特別枠をもらっていることもあり、他の予約サイトで予約できない時もJTBなら空いていることもあります。
    るるぶトラベルプラン、JRや航空券(JAL,ANA)などの交通と宿泊がセットになったプランが人気です。
    割引クーポンやタイムセールプランもあるのでタイミングによってはお得に予約できます。

    JTB
  • 一休

    ■一休を利用するメリット

    宿泊施設を限定することで、その他の予約サイトとの差別化を図っており、利用者の信用度が高くヘビーユーザーが多いサイト。
    一休掲載のサイトは高級感あふれるホテルや旅館が多いです。

    一休のポイントは、ポイント還元率1%、事前カード決済で2%、一番のメリットはポイントを即時に利用できることです。
    他の宿泊サイトはチェックアウト後にポイント付与されるので、後日そのサイト内のサービスを利用しなければいけないのですが、一休ポイントは予約してもらえるポイントをその時点で使うことができるのです。

最新情報をチェックしよう!
>Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

Go Toトラベルキャンペーンの最新情報

旅行半額!最大1泊2万円補助| Go Toキャンペーンの最新情報